妖怪伝承

遠野物語

遠野物語

遠野物語は、明治時代、日本の民俗学の開拓者といわれ現在も多大な影響を齎している柳田国男によって岩手県遠野地方の民話伝承が納められた説話集です。

これは、遠野地方の土淵村出身の小説家であり民話蒐集家であった佐々木喜善によって語られた伝承を、柳田国男が編纂し仕上げたもの。

遠野物語には、119話が納められているが、その後、昭和10年に『遠野物語拾遺』という形で更に299話が追加されました。

遠野物語には、怪談、神事、行事に関わる様々な話が書かれています。今では日本中で知られているような妖怪、神様が登場します。天狗、ザシキワラシ、河童などは誰しも耳にしたことがあると思います。

関連記事

  1. 船幽霊 船幽霊
  2. 座敷童子 座敷童子
  3. 二口女 二口女
  4. 青行燈 青行燈
  5. 垢嘗 垢嘗
  6. 小豆洗い 小豆洗い

暦に関する記事

  1. 二十四節気
    二十四節気

  2. 雑節
  3. 五節句
    五節句

  4. 和風月名
PAGE TOP