妖怪伝承

二口女

二口女

後頭部に大きな口のある女の妖怪。長い黒髪が蛇のように動く。『絵本百物語』に描かれている。この大きな口は、人間の悪心からくるものと解釈されている。

二口女は、もともと人間であった。継母としてある家に嫁いだが、先妻の連子がおり、その子を嫌い餓死させてしまった。ある日、夫が誤って継母の後頭部を斧でケガさせてしまう。その傷口は一向に良くならず、やがて大きな口の様に形を変え、モノを食べるようになってしまった。この口は時折、先妻の子を殺してしまったことも呟くようになったという。

関連記事

  1. 小豆洗い 小豆洗い
  2. 船幽霊 船幽霊
  3. 遠野物語 遠野物語
  4. 垢嘗 垢嘗
  5. 青行燈 青行燈
  6. 座敷童子 座敷童子

暦に関する記事

  1. 二十四節気
    二十四節気

  2. 雑節
  3. 五節句
    五節句

  4. 和風月名
PAGE TOP